FC2ブログ

移民に関して思うこと

金持ちほど受け入れ賛成で
貧乏なほど反対な傾向がある移民

賛否はおいて移民像に関してばらつきがあるので
議論自体が安定していないようだ

どのような移民を受け入れ
どのような移民を拒否するべきという視点で
語られるべきなんじゃないだろうか

僕が思うにポイントは三つほどあると思う

1 受け入れを主導するのが官か民か
2 肉体労働者か知的労働者か
3 金持ちか貧乏か


民間が金持ちな知的労働者の移民を受け入れることに反対している人は
ほぼ居ないだろうう

対照的に役所が貧乏な肉体労働者の移民を受け入れると
問題が多発しそう
インドネシア人看護師なんか完全に失敗の代表になりそうやね


昔の日本人が東アジア全域に進出していたのが夢のようです
スポンサーサイト



テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

ツイッター所感

ツイッターは面白いな
やってみて流行る理由がわかった

しかしいくらか問題を感じないでもない

実質現在の社会的評価がそのまま反映されるので
下克上はまず起こらない

ツイッターには人間を分ける絶対的な基準がある
フォローする数とフォローされる数
これの多寡によって全てが決定される

フォローする数<フォローされる数 → 人気者
フォローする数≒フォローされる数 → 空気
フォローする数>フォローされる数 → 不人気者

人気者はそれぞれの派閥の教祖的な振る舞いを求められ
実際多くの場合そうしている
人気者は既に組織をもちその基盤を裏切ることが出来ない
信者と儲を背負い無難な発言が大半を占める
学校でいえば先生の役割

空気は一番安定しているかのように見えるが
最も不安定な人が多い
なぜなら人気ものになりたい 不人気者になりたくない
という圧力が常時働くために過激な発言をする誘惑に駆られ
しばしば極論に走るパターンが存在する
その一方フォロワーを失いたくないという圧力も強いので
極端に普通の人を演じている人も多そう
学校でいえばふつうの生徒

不人気者は相手にされていないので観察すること自体が困難
発言数が少ない=何を考えているのか分からない
学校でいえばいじめられっ子 或いはネクラかな


自分は今のところいじめられています

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

JRPGが過剰演出な件について

バテン・カイトスをDisc1終了までプレイしました
20時間弱かかりましたが 
名作の誉れが高かったので裏切られた感覚がすごく大きい

バテン・カイトスという作品が面白くないと言いたいわけではなく
僕が昔遊んだゲームボーイやスーパーファミコンのRPGと
根本的に作り方が違ってきていることに
驚いたのでメモみたいに幾つか書いておきたい


私的なRPGのキャリアをざっと整理すると
1990~2000年頃にゲームボーイのサガシリーズやDQ・FFをプレイ
2000~は全くプレイせず今日に至る


演出が本当に過剰過ぎる
削りたくてスキップしたい気持ちがずっと抑えられない
戦闘シーンにしてもカードを選ぶ時は良いでも
選んだ後間伸びした演出を毎回見なければいけないのは
厳しい 本当に厳しい
なんでこんな長い演出が流行るんだろう
何で演出にばかり人数をかけたがるんだろうか
僕には本当に分からない

一度や二度なら過剰の演出でもいい
100回以上同じ長ったらしい演出を何故見なければならない?
例えば僕がエヴァンゲリオンの演出がかっこいいと思って
同じシーンを何度もビデオテープで見たことがあるけれど
それはエヴァのシーンが非常に素晴らしいからだ
映像に力があるから繰り返しの視聴に耐えられる

ゲーマーが繰り返しの視聴に耐えられると考えて
映像の美しさが十分にあると考えて
何度も何度も何度も同じ演出を見るように
ゲームを設計したんだろうか
エヴァと同じぐらい映像的に威力があると考えて
映像を作っていたんだろうか

そうは思わない
子供のお遊戯とは言わないけれど
素人の劇団のありふれた劇を100回も強制的に
見せるようなデザイン誰が望んでいるのかわからない


恐らくこういうことなのだ
映像を優先にして考える限り
ゲームの売れ行きが映像に依存するなら
ゲームは映画化していくしかないということだ
映画を見たいと思ってゲームをプレイしたいと僕は思わない


大きな資金を使えばどこに使うかが問題になる
そして一番安易な方法は映像に金を使うことだ
だから絵ばっかり豪華になる
でもそこには言葉が何もない お金しか無い
だから物語がちぐはぐで映像の間に間延びした
胡散臭いゲーマーを置いてきぼりにした物語が
展開されることになるってことかな

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

娯楽の三要素

この前書いた文章のまとめ

娯楽には三つの側面がある
喜ぶ・笑う・泣く

喜ぶ
気持ちがよくなると同じで 気持ちが悪くなるの反対が喜ぶ
音楽を聞いて喜ぶ
お酒を飲んで嬉しい気分になり喜ぶ
タバコを吸って落ち着いた気分になり喜ぶ
FPSで敵を倒して喜ぶ
RPGで敵を倒して喜ぶ
全て同じよろこぶという面に属していて
娯楽においての入り口に当たり他の二つより重要
喜べないものは楽しめない
最悪なものは気持ちが悪くなるもの
喜ぶという楽しみ方しか出来ない娯楽は地位が低い


笑う
桂枝雀の言葉では「緊張の緩和」
喜ぶとの違いは構成することに時間がかかること
緊張という過程を経るため構成がしっかりしていないと成立しない
必要な時間の長さは 泣く>笑う>喜ぶ
未知の領域は少なければ少ないほど笑える点で
泣くの真逆 泣くは未知の領域が多い方が望ましい
笑いは短時間で忘却されるが反面
反復して効果を増大させることも可能


泣く
言葉で物語を評価するときに泣くは基準になりやすいが
三つの側面で一番軽視して良い
人間は泣くことを共有したがる存在で
喜ぶ<笑う<泣くの順序で押し付ける頻度が高い
未知の領域いわゆる謎が巨大であれば巨大であるほど
大きな泣きを期待できるため冗長になりやすい

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

セルビア惨敗に見る日本スポーツ界の閉塞感

本気でないセルビアに見所なく惨敗した
らしい
日本代表の試合はみないし
最近はスポーツ全般ほとんど見ていない

それにしても酷い

国母騒動の時もそうだけれど
日本のスポーツを牛耳っている組織の腐敗ぶりはヒドイ

日本のサッカーを取り巻く環境は良くない
子供の数は減ってきている
子どもが普段から練習できるサッカー場は海外に比べて遥かに少ない
というか公園でサッカーしている子供を見ることなんて殆どない

そんな状況で海外の強豪に勝てると思う方がどうかしている
海外の強豪国はサッカーを遊ぶハングリーな子供だらけだぜ


そして若い選手のちょっとした個性
例えば服装が乱れていることすら叩く
あたかも叩けば世界並みの選手になれるかのように


頭のかわいそうな虚栄心の塊みたいな
爺にこき使われる選手に
本当に同情する

こんな状況で日本でスポーツすることはない
本田や国母みたいに若くして海外へ行くのは良いけれど
日本にしがみついてスポーツして幸せに多分なれない


スポーツを忘れよう
強欲な老人たちを忘れよう


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード