FC2ブログ

winny

winny2審で無事無罪判決が出た。


素直に喜びたい。
権威の傘の下でエリート気取って、エンジニア虐待するのは本当にやめてほしい。
ネットで出来ることを改めてぼんやり考えたくなった。
スポンサーサイト



テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

カツマーとカツオー

母上が最近、勝間和代さんのことを「なんか気持ち悪いね」と言っていたので、少し考えてみたい。

僕は、他人をそれほど嫌いはなったことがない。自分自身が清廉潔白であるというより、食べ物にたとえるなら、何でもよりごのみせず食べられる、ある程度の付き合いは出来るという意味だ。
もちろん、他人に対して感情的になることはよくある。
だから、勝間さんに特別な嫌悪感は持っていない。なぜ取り上げる気になったかというと、気持ち悪いという感情にある程度共感できるからだ。

過剰に頑張っている感じがする。そして頑張りが、周りを幸福にしていないようにみえる。

そんなに頑張らなくてもいいのになと思う。スプリンターが100m走の時に必死になるのは理解できる。でも、人生ずっとそんな風にして生きていかなければならないのだろうか。100m走なら10秒眺めている間にゴールしてしまうけれど、ずっと勝間和代さんを見ているのはなんだかくたびれそうだ。

息苦しさを視聴者が感じる理由は、次のような見方も出来る。
彼女自身にもゴールが見えず、思い切り手足を全力で振っているだけのようにみえる。つまり、長期的な展望が決定的に欠けていて、身近な短期的な努力ばかりを見るものに強要している印象がある。年収や社会的ステータスという相対的に評価されるものを絶対視している。


だから、勝間和代さんへの嫌悪感の正体というのは言い換えれば、
必死の努力を周囲に強要する事で、短期の相対的な成功を収めた人への嫌悪感といえる。

僕が尊敬するのは、僕が想像するテレビの勝間さんと正反対の人だ。
自主的な努力で淡々と、長期の絶対的な成功を収めた人。
具体例を挙げれば、宮本茂、横井軍平、手塚治、あずまきよひこ。

そして、関西出身です。
名古屋人の僕から見ると、関西の人は長期的で普遍的な面白さを追及していて、圧倒的に面白いものを作っている。長期の普遍的ななヴィジョンを持っている人こそ賞賛するべきだ。今の日本の閉塞感を、メディアのへたれっぷりを打ち破るのは、絶対に西からだ。明治維新と同じように、絶対に西から起きるようなきがするなあ。短期的な成功しか追いかけない東京には、何も期待できない。

よーはさ、上っ面の流行のソースやしょうゆがうまいんじゃないんだ。長い時間かけて作った、鰹(かつお)や昆布やにぼしなんかの「だし」がうまいんだよ。


カツマーより、カツオーだ!

続きを読む

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード