FC2ブログ

びーえる考察

BL小説を知る為にネットを徘徊してみました。
感想を述べたいと思います。

たいてい主人公の一人称で語られる。
性の描写の過激さには、かなりばらつきがある。
ブログランキング上位のものは、性の描写が過激である。
物語、難しい言葉でいえばドラマツルギーらしきものはそれほどないものが多そう。
主人公のキャラクターは女性が感情移入しやすいように、非常に女性的な性格をしている場合が多い。
多くの場合、舞台は学校である。

たくさん読んだわけではないので、間違っているかもしれません。

少女漫画の延長線上なイメージ。
男が漠然とイメージしている同性愛の世界とはまったく違いますね。なんだこれは、たまげたなぁ。

少女漫画のシナリオを書ければ、BLも書けそうだ。
それほど少女漫画を読んだわけでもないですが、萩尾望都さんの「11人いる!」というアニメを、ずいぶん前にみたんですがあれはいいもんでした。

名古屋はくそあついわー。まじかなわんて、かなんかなん。
コメディタッチのBL小説とかあるのかなぁ。テレみたいなものがあるので、笑い入れないと正直辛いだろうというのがありありと浮かぶ。テンションあげていかんとーいかん。
スポンサーサイト



テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード