FC2ブログ

「ユーゴスラヴィア現代史」 柴宜宏著 感想


ユーゴスラヴィア現代史 (岩波新書)ユーゴスラヴィア現代史 (岩波新書)
(1996/05)
柴 宜弘

商品詳細を見る


最近は もっぱら中規模の国の現代史をよく読んでいます
その中では自分で思うところが他の本と比べ多かったので
久しぶりにすこしばかり書いてみたい

ユーゴスラヴィアという国は二度崩壊している
一度目はナチスドイツによって1940年代に
二度目はアメリカによって1990年代に

戦争や紛争となると焦点はもっぱら宗教にあつまりがちだけれども
本書では宗教的対立が戦争の主要因とは見ていない

二度とも一部の民族が外部の大国に依存し引き入れる事により
ユーゴスラヴィアは文字通り解体された


第二次世界大戦で日本が敗北したのも同様に
ドイツに依存しすぎたせいかもしれない
そして今はアメリカに依存して再び危機に見舞われている


社会主義や自治といった問題も非常に興味深い

2010年現在の日本にとって人事と思えないような
示唆に富む良書です
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード