スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ 書評

皆さん「厨二病」という言葉を知っていますよね?

中学生の頃に妄想したような、
「教室にモンスターが現れて自分が颯爽とそいつを倒して皆から尊敬される」だとか、
「普段目立たないけど、文化祭でゲリラライブを行い、観客全員を魅了する」
のような(まぁ皆さんがそういう妄想をしたかは分かりませんがw)、自分の希望がたくさん詰まった想像を現実にやっちゃったり、もしくはいい歳してそんな事を考えてたりだとか・・・・。
AURA 名言。



ちょっと前に読んだのですが、面白かったですよ!


AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る



完全に少女版ドン・キホーテでした。
ドン・キホーテとは今から400年前のスペイン人がつくった小説で、騎士道小説(今で言えばライトノベルだろうか)を読みすぎて、妄想に陥った主人公がサンチョ・パンサっていう突っ込み役の従士とともに、ボケをかますための旅をするという話。
ドストエフスキーは、最も偉大で憂鬱な小説と呼んだんじゃなかったかな。

本作は対照的に妄想に陥るのが男の主人公ではない。少女が妄想に陥ってしまう。その違いは非常に感慨深い。と、同時に違和感を覚える。
精神年齢の成長は普通は男のほうが遅く、女は割りと早く社会に適合してしまう生き物なのに、男が女の中二病に突っ込み入れる物語っていうのは、相当に変だ。女は割りと中二病にかかりながらも社会に適応している人が、男より多いと思うし。

ドン・キホーテは完全に精神の病気だ。妄想に対する社会的圧力も今より遥かに強いので、Auraの中二病はドン・キホーテに比べればあらゆる点でライト、軽い。
破綻なく物語を収束していく技量は、素晴らしいとはおもうのだけれどこじんまりと終わってしまう印象は否めない。だから非常に惜しい作品だと思う。

だからやっぱ自分の考えでは
・男こそ中二病にかかるべき
・社会ともっと、病気を理由におもいっきり対立するべき

この二つの問題が解消されない限り、素晴らしいとはいえないかな。
オタクが大勢ぞろぞろ出てきて、暴走しだすところとか、凄い面白い。
だからこそ、2つの問題が解決されていれば、ドン・キホーテ長すぎるからAura読んどけば、と言えるぐらいの作品になってたかもと思うのでくどいけど、惜しい。

最近読んだ他のラノベ、ヤマグチノボル、西尾維新と比べれば段違いで面白かった。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AURA 名言。

皆さん「厨二病」という言葉を知っていますよね? 中学生の頃に妄想したような、 「教室にモンスターが現れて自分が颯爽とそいつを倒して...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

感想読みました。
「ドンキホーテ」と言うのは知らないのですが、400年前からそういう妄想戦士的なものは存在していたんですねー。と言うかもっと前からいる分にはいたのでしょうけど(笑)。
「こじんまりと終わってしまう」と言うのは確かに分かります。まぁいち学生の立場ですから、そう大きく風呂敷を広げなかったのかも知れないですね。
私も西尾維新さんのは若干苦手です(笑)。クビキリサイクルしか読んでいないのですが、登場人物の設定とか、独特の文体とかが・・・・・。


一応トラックバック返信しておきます。
必要なかったら消してくださって構いません。

No title

コメントとトラックバックありがとうございます。
ドン・キホーテは、小説の中では有名な作品です。
ご先祖様みたいなものですね。
ただ、長いし、歴史やスペインに興味のない人は読み通すことは難しいと思うので、敢えてお勧めはしません。

西尾維新の小説できつく感じたところは、物語の展開が遅い事に尽きる。冗長な言い回しそのものはいいんだけれど、もっとシンプルにまとめて欲しい。同じところぐるぐる回るような描写は読む気なくす。
ぐるぐる回ることに意味があればいいんだけどね。
ジョジョみたいなスピード感は小説からはまったくかんじなかったなあ。
ジョジョの緊張感やスピード感は、西尾維新の文体とは別物だとおもうぜよ。
プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。