FC2ブログ

最近見てよかったアニメまとめ

この3ヶ月ほど、アニメをかなり見た。
新作だけではないけれど、見所があると感じた作品は

・紅
・懺絶望先生
・化物語
・蒼天航路
・カブトボーグ new!

ぐらいかな。
紅はアニメーションの動き方がすごい好きだ。かくかくしてるんだけど滑らかって言うか、アニメの技術的な言葉について何も知らないから言葉では適切に表現出来ないことが残念だ。
世界設定はあんま好きじゃない。主人公がなぜか強くて、ハーレムってパターンは主人公が強烈な個性もっていないと成立しなくて感情移入できなくなってしまう。

シャフトの映像は攻めていて良い。絶望先生も化物語も、コストをかける部分がほかのアニメと一線を画していて、前衛的であり、アニメ界のエリート?みたいな印象を受ける。今後もシャフトの作品はチェックすると思う。化物語の映像を見て、エヴァンゲリオンを思い出した。テレビアニメの15年前に見たアニメの繊細で新鮮な感じに最も近い感覚を化物語からは受けたけれど、表層的な感覚に留まっている。感覚を貫き、視聴者の感情まで届く作品をシャフトが作ることを期待させる内容だった。

蒼天航路は、ハイテンションがいいな。突き抜けてめちゃくちゃやったるっていう、姿勢に素直に好感を持ってしまった。ミスター味っことかそういう路線だけども。暗くても明るくてもなんでも、テンションだけで面白いというのは、ダウンタウンを引き合いに出すまでもなく事実だろうし、どんなジャンルでも普遍かと。紅やシャフトに比べれば洗練されてないんだけど、そのもっさりしたところもテンションでなんか許せてしまうんだよなあ。

カブトボーグはやばい面白さだ。玩具販促アニメの反則技。チャー研、そわかちゃんぽい。アニメの規定の約束事をぶち壊すことによる面白さ。子供目線に全くあわせようとしない大人の傲慢なアニメ。主人公の10歳が余りに非常識的過ぎる。紅の主人公と対比すると、カブトボーグの主人公がどれほど優れているのかが分かる。強烈なエゴをもっていて自己中心的、周りに期待される行動をことごとく踏み外す、それでいて凶悪な強さを誇る。強烈なエゴをもつ極悪な主人公の作品こそ結構需要ありそうな気がするんだけどな。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード