FC2ブログ

古事記はちゃめちゃすぎ

聖書を読みながらも、日本神話に興味もって少し調べてみたのだけれど面白すぎる。
保守の人から白い目でみられそうなので、控えめに書きたい衝動も起こるけれどそれを軽く上回る面白さ。
皇室を馬鹿にする意図は全く無く、古事記の面白さについて率直に書きたいだけなので大目にみてください。

現代語訳がここから見れるので暇な人はよんでみるといいですよ!

おおくぬぬしのかみ(大国主神)にまつわるエピソードは笑わずに読める現代人いるんだろうか。
これは日本人じゃなく外人でもこのあらすじは笑ってしまうとおもわれる。

おおくぬぬしのかみは、イケメンでもてたんで色んな兄弟の神様に嫉妬されたり、娘が惚れた父親に恨まれたりして悲惨な目にあうのだけれど、その内容があんまりにもひどい。
父親がおおくぬぬしのかみに恨みをもつあまり、頭の中のしらみをとれと命令し、実は罠でしらみじゃなくてむかでが這わせてあるというくだりがあるんだけど、どう考えてもいろいろむちゃしすぎ・・・。

後は、おおげつひめのかみに関してのくだり。
食べ物をねだられたので、おおげつひめのかみは鼻口尻から食べ物を出してそれを調理してスサノオに奉るのだけれど、スサノオはそれにぶちぎれておおげつひめのかみは殺される。


神の概念がゲシュタルト崩壊する。

なんかカブトボーグみてたせいか、ものすごくカブトボーグっぽいエピソードに見えてならない。

聖書より古事記のほうが面白さでは絶対勝ってると確信する秋の夜長。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード