FC2ブログ

国内のプロスポーツが盛り上がりに欠ける理由

日本シリーズは今年も視聴率の低下に歯止めがかからない模様。

視聴率を調べている方のブログによると(http://ameblo.jp/maruko1192/)、2%強ぐらい下がっているようだ。

巨人の選手の外部依存は正直酷い。
エース、抑え、3番4番が外様、しかも日本の他球団から引っ張ってきた選手でピッチャーの主力は外人。
球団の資金力=戦力になっている状況は、多数の人が経済的に苦しんでいる今の時代、大衆の支持を受けられるとは思えない。

思えば、海外のサッカーが何故あれほど熱狂的なのかというと、チームのカラーがはっきりしているからだ。
具体的にいえば、階層の問題、宗教の問題が大きい。
労働者の熱狂的支持を受けるチームと、比較的生活に余裕のある人が応援するチームというのは当然違う。だからこそ、その階級の代表者としての選手への思い入れや感情の強さは半端じゃない。

日本のプロ野球やJリーグ、プロスポーツのほとんどは、会社の下部組織でしかなく、都市の特定の階層に深く愛された存在としてプロスポーツが成立したことが今までないんじゃないかなと思う。

だから会社の強い影響下にあるプロ野球や・Jリーグよりも、アイドルゴルファーが人気なんじゃないかな。
若い世代のスポーツへの熱は相当冷えてきていると思うので、経済的事情もあり、日本人はスポーツへの興味を失いつつある。

自分たちと違う部外者である、外人と戦う日本代表の試合のみ、ある程度コンテンツとしての価値を維持し続けるかもしれない。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード