FC2ブログ

ヘビーゲーマーと萌えのジレンマ

萌えアニメについての富野御大の発言がネットで盛り上がっている模様!
でもだいぶ古い雑誌内のこめんとのようです。


オタク向け萌えアニメが量産されている

個人的に今年の夏ごろから、アニメを見ようとして、いろいろ見たのだけれども正直萌えアニメは娯楽として間口が本当に狭くなっていて、自分には心から楽しめる作品は少ない。
萌えに偏るのは正直わかる。グッズやCDなど周辺のビジネスが広げやすく、製作資金を回収しやすいから。
いわゆるアニメオタク向けしか作られないのはアニメオタク以外お金をアニメに対して落とさないからだろう。


この問題を解決するには視野を広くする必要がある。
アニメは娯楽産業の一部であり、ゲームも同様だ。
アニメ好きはアニメ産業にお金を落とす、ゲーム好きはゲーム産業にお金を落とす。
アニメ製作者は、アニメという娯楽が他の娯楽より面白いということを証明してみなければいけない。
そうしなければ、アニメに落ちるお金は減り衰退する。
ゲームも同様だ。
たくさんの人にアニメが娯楽として認められれば自然とアニメを楽しむ人は増え、製作者も潤う。


アニメというのは虚構が描写できる。
でも、ゲームが三次元になって大して面白くなっていないように、どれだけ精密な虚構を築いたとしても、本質的に面白いことは虚構の中に現実味を感じてしまうときなんじゃないかな。

物語の中に感情移入させるためには、現実的な何かを虚構の中に作るしかない。

そしてそれこそがとても難しい。

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード