FC2ブログ

能と能面 ゲームとコントローラー

風姿花伝 (岩波文庫)風姿花伝 (岩波文庫)
(1958/01)
世阿弥野上 豊一郎

商品詳細を見る



面(おもて)からたどる能楽百一番面(おもて)からたどる能楽百一番
(2004/09/01)
三浦 裕子

商品詳細を見る


風姿花伝を読み始めたことを手がかりとして能に興味を持つ
なかでも能面には妙に気になるところがあり考えるために
能面の本なんかも眺めたりした

能面は実際よく見ると起伏が大きく 生々しく真に迫る迫力があり
存在感のあるもので写生的なものに感じる
能そのものは極端に虚構の性格が強いものではあるが
能面は虚構と現実を繋ぐ 「門」のような働きを担っている
よって現実と虚構のがぶつかり合うようにして成立したのが
能面であるような気がしている

ゲームにおける虚構と現実を繋ぐ能面の役割を果たすのは
ゲームコントローラーになるだろう
今までゲームはずいぶん遊んだけれど
ゲームコントローラーについて深く考えたことは今まで
ほとんどなかった

美麗なCGを嫌うゲーマーは多い
ゲーマーは美麗なゲーム内世界を嫌っているわけではない
ゲームコントローラーがゲーム内世界に十分干渉出来ていない
ゲームの構造に対して不満を感じているのだ
問題は現実と虚構を繋ぐ門を介さず虚構の世界だけ派手にしても
観客は置いてきぼりを食らうだけということに尽きる



ゲームコントローラーやマウス・キーボードについて
一度自分なりの考えをまとめてみたい気持ちがある

言葉という「門」そしてキーボードという「門」を通して
この記事を書いているのが俺の現実か

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード