FC2ブログ

赤い糸DS 感想

赤い糸 DS赤い糸 DS
(2008/12/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る


ネット上での酷評
ここまで酷評されているゲームもなかなか少ない
ケータイ小説を元にしたノベルゲームです

声優目当てで購入された方がパッケージと同じく
真っ赤になって怒られているわけですが
私としてはプレイして相応の満足は得られました

絵や音楽はシンプルですがまずまず安定した作りで
システムはしっかりしているので苦痛を感じる部分は
シナリオ以外にはほとんど無さそう


脈絡がないシナリオとわがままな主人公

ケータイ小説である原作を元に作られている本作
当然シナリオが核をなしているわけですが
私は好意的に評価したい

全体の構成を考えてからシナリオを書いたとは思えず
話は脈絡がなく登場人物の言動も予定調和を
超えるものはないのだけれど
話の展開がぶつ切りにされているところから
得体のしれない何かが出ている

主人公の言動は自己中心的であり
自分の恋愛以外全く思慮の外に放り投げ
育児放棄した母親を思い出させる激しい性格をお持ちです

おとなしめな恋愛ものを期待して購入したユーザー
大激怒すること間違いなしです
赤い糸というタイトルは皮肉でつけているんじゃないかな


肉食系女子は強者か?
男を渡り歩く主人公メイさんは立派な立派な
肉食系女子と呼ぶにふさわしく そして嫌われる
しかし彼女は強者なのだろうか?

両親との関係は気まずく 勉強には興味を持てず
趣味も遊びにも興味がなく 男にだけ興味がある
主人公の社会への圧倒的な無関心さに注目すれば
必然的に彼女が社会から見捨てられた存在に見えてくるはず


ハードボイルドとしてのケータイ小説

赤い糸DSをプレイしている最中に
ヘミングウェイの「老人と海」を思い出した

メイにとっての男とは魚であり
メイは海にたった一人いる老人にほかならない
広がる世界の中 孤独と格闘が静かに続く

赤い糸DS
ロストジェネレーションの魂の琴線に
触れるかもしれない一作です

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード