FC2ブログ

衆議院選挙まで後1ヶ月

政治の内容は荒れる可能性があるのでいささか怖いのだけれど、当たり障りのないようにちょっと書きたい。

勝敗については既にきまっている。
民主党が勝つ。
根拠はすでに書いたことがある。

引用します。

経済活動が好調ならば与党へ、不調ならば野党へと投票することが大衆の基本的な原則だとおもうからです。
諸外国に目を向けると、ロシア、ブラジル、インドなど経済がまだ比較的好調とされている新興国は、軒並み与党が勝っています。イランも与党が勝ちましたが、選挙の不正が行われているかどうかはわかりませんので言い切ることは難しい。
逆に、アメリカは最近与党が負けましたし、イギリスも酷い有様、日本も同様。
つまりこれをみるかぎり、はっきりと、先進国で与党が負け、経済好調な新興国で与党が圧勝しているということができます。


経済が不調で国民の不満が高まってる日本では、与党はどうあがこうが負けると思います。


ついでに点数といえば自民党政権の4年間に岡田さんが20点をつけている。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090730-OYT1T00921.htm

20点という点数については自分自身は妥当だと思う。
客観的に見て、その程度の点数しか公約を達成できていないのは事実だ。


政策についてがんばって語る意味は恐らくない。より正確に言えば、政策についてがんばって語っても、選挙結果にはたいして影響しないから語る必要はない。

選挙の結果は国民の経済状況に最も影響されるものだから。

今興味があるのは、民主党が政権をとった後、何点もらえる政治ができるかということだ。
与党の権限は、非常に大きい。

今の時点で民主党政権の点数を予想すると、8割の確率で20点、2割の確率で80点かな。

期待値は32点か。結構悪くないかも。
民主党の熱心な支持者というふうに捉えられるといやなので追記しておきます。
民主党だけを熱心に支持するつもりはありません。。


組織よりも個人で評価するというのが、自分の政治に対する基本的なスタンスです。
個人的に活躍して欲しいと思う政治家は、色んな政党に居ます。

テーマ : 衆議院選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード