FC2ブログ

デビルサバイバー 感想

プレイ中色々と考えたことを羅列する。
女神系列は一個もやったことがないので、この年で初めてやりました。
プレイ時間は恐らく25時間程度、2つのストーリーをクリアーしました。
多分もうやりません。


・思ったよりむずかしめ
・世界観くらめ
・女キャラへの愛情低め
・やりこみ要素少なめ


ジャンル的にも近いし、タクティクスオウガを基準として考えてしまうので割と辛口にしかかけないかもしれませんが、よく出来ていると思いました。楽しい時間をすごせた。
特に、戦闘に関してのゲームバランスはぎりぎりで倒せる、倒せないという際どいマップが多くて、おおこれは面白いと唸らされた。ゲームバランスについては誇って良いレベルだと思います。自分の腕前が丁度良かっただけかもしれませんが。

問題を上げるなら、タクティクスオウガは印象的なキャラクターが造形されていたのに対して、全くキャラクターに魅力がないことがきつかった。物語は丁寧に作られているんだけど。特にダメなのが女キャラ。ステレオタイプで、あんまり物語りに引き込まれない。物語としては壮大で面白くなりそうなだけにいらついた。
テーマ自体はなんか面白そうなんだよね。自衛隊とか、悪魔とか、宗教団体とか、ミュージシャンとか。現代を舞台に面白そうなパーツ集めているんだけれど、あんまり面白くならない。

タクティクスオウガのシナリオはなんだかんだで優れていた。あの世界にはひたりたかったもんなー。それだけ時間と根気と体力があっただけなんだろうか。
でも今調べたらタクティクスオウガでも50万本しか売れていないのか・・。

ポケモンとも似ているので比べると、ゲームバランスはデビルサバイバーの圧勝、対戦機能・通信機能・やりこみ要素でポケモンの圧勝ってかんじだろうか。
結局いきつくところは、仲間のキャラクターを引き出しにくいシステムなんだろうな。ポケモンやDQ3みたいに完全に記号になっちゃえばいいんだろうけど。何でタクティクスオウガはキャラクターあんな面白い感じにできたのか、不思議だ。
タクティクスオウガにあって、デビルサバイバーにないのは葛藤かもしれない。

デビルサバイバーは選択肢の数が膨大過ぎて、それが葛藤の価値を減らしているのかもしれない。虐殺する、しない。姉を救う、救わない。タクティクスオウガのあの選択は痺れる。終盤になるまで、葛藤というものをあまり見つけられないところが、やっぱりつまんない原因なんじゃないかな。



まとめとしては、ゲームバランスは非常に良くて楽しめる。葛藤が描けていないがゆえにシナリオが単調でつまらなく、キャラの魅力を描く努力をしていない。タクティクスオウガは、戦争と葛藤をゲームで表現することに成功した名作。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード