FC2ブログ

名古屋人の特徴 大いなる田舎

筒井康隆の天狗の落とし文にこうある

大阪人と名古屋人と神戸人の相違。
大阪人は馬鹿げたこと、滑稽なこと、突拍子もないこと、きちがいじみたことを小声でぼそりという。
名古屋人は当たり前のことを、大声で、しかもできるだけ沢山言う。
神戸人は当たり前のことに対して、できるだけ沢山笑う。



なるほどなぁ。
名古屋人の端くれとして、名古屋人に長所があるなら、裏表が恐らく日本で一番少ないところだと、前から考えていた。良い意味で言えば素直だけれど、大人でかつ素直でありすぎることは、時として下品にもなりうる。

愚直な素直さと快活さを好む気風というのは、自動車なんかの沢山の部品を集めてつくる作業をするうえで、有利に働くのかもしれない。
有名人でいかにも名古屋人らしい人をあげるならば、鳥山明とイチローが適切だろう。
両方とも、愚直な素直さをもっているが、時としてそれが下品に感じられる。
ほぼいきかけました、とか。ドラゴンボール初期のエロに対してのスタンスとか凄い名古屋っぽい。

大いなる田舎という表現は名古屋の無骨さとよくあっている。賛否はあるだろうけど、私は好きだ。
と、同時に田舎の限界も感じさせる。
文化の発信地として、名古屋が成熟していないのは、田舎であって街ではないからなんだろうか。
私の上方(大阪・京都・兵庫)への自分の漠然とした憧れは、文化を発信し続ける街への憧れなのかもしれない。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
好きなもの ゲーム、漫画、音楽、小説、日本、南米、ロシア、戦争、明治維新、戦国時代

夢念

Author:夢念
よつばは、むてきだ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード